ナンプレさくさく

ソードフィッシュ

ソードフィッシュ(Swordfish:カジキ)とは、 X-wingを発展させたもので、 「ある候補が行(または列)で3つ(または2,1つ)に限定され、その行(または列)が3つあり、その候補の列(または行)はそれそれ同じで、行が別Boxに存在する」 という「最大9コの3x3の格子状に配置された状態」になります。

ソードフィッシュが成立した時、その列にある候補は消去できます。 つまり最大18マス(灰色のマス)からその候補を削除できるわけです。 この点からソードフィッシュはX-wingと同様に最強クラスのメソッドと言えます。

基本編

ここではソードフィッシュの基本となるパターンを見て行きます。

行に候補が3つ(または2,1つ)ありそれぞれのBoxに存在するとBoxも最大9つになります。

行で探して見つからない時は、列で探します(90度回転してもよいです)。

行でこの形を見つければ列(灰色のマス)にあるその候補(ここでは1)を消去できます。

Swordfishの基本

ソードフィッシュを探す場合、3x3が綺麗に詰まっていることはかなり少ないです。 「完成形となる6通りのパターン」のどれかに、格子の所が何箇所か埋まった形をとります。

Swordfishの完成形6パターン Swordfishの完成形6パターン
Swordfishの完成形6パターン Swordfishの完成形6パターン
Swordfishの完成形6パターン Swordfishの完成形6パターン

実践編

ここでは候補3の列1,列4,列7に注目してみます。

Swordfishの実例

候補3が列1の行1,行3,行9に、列4の行3,行9に、列7の行1,行3にあります。(黄色のマスがソードフィッシュ)

列で成立しているので、行でも格子状の箇所以外は配置できません。

Swordfishの実例

それによって、行1列3、行3列3、行9列3、行9列5(灰色のマス)、にある3を消去できます。

Swordfishの実例