ナンプレさくさく

BUG+1

BUG+1とは、「候補数3のマスが1つで、残りのマスが全て候補数2の場合、 候補数3のマスの候補の中で行(列,Box)で3箇所で候補になっている数字は確定できる」になります。

基本編

BUG+1は、「ナンプレの答えは1つのみ」を前提としたテクニックになります。

仮に、最後の4マスが候補1,2のどちらかの場合、答えが2つあることになり、残念な問題ということになります。 (この問題はこの4マスに候補1,2が入る前提で特別に作成しています。)

重複解の問題

そして、BUG+1は、この「残りのマスは候補2つと候補3つ」の関係を利用するので、「見つけた時点で詰み」といえるテクニックなのです。

「候補3つのマスが1つで、残りのマスが全て候補2つ」であること。 (残り全てが候補2つのマスにならないことが前提にあります)

では残り13マスで、「候補3つのマスが1つ(黄色のマス)で、残りのマスが全て候補2つ」が成立した局面です。

BUG+1の基本

仮に候補3つのマスに、3を入れた場合は矛盾します。

BUG+1の基本 矛盾の場合1

そして仮に、5を入れた場合も矛盾します。

BUG+1の基本 矛盾の場合2

つまり、行(列,Box)で3箇所で候補になっているものを確定するわけです。とてもシンプルです。ここでは8ですね。

BUG+1の基本

BUG+1のテクニックを使えば、この残り13マスの場面を悩む必要もなくゴールまで導きます。

これらのことから、XY-Chainを使う前に当てはまるか確認しておきたいシンプルで強力なテクニックになります。

実践編

残り21マスで、XY-Chainを試みる局面ですが、BUG+1を覚えていれば意外にもあっさりと解けます。

ここでは候補3つのマスに注目してみます。

BUG+1の実例

行8列8のマスは候補3つです。それ以外のマスの候補2つです。

BUG+1の実例

この時、行8では9が3回候補に上がっています。

BUG+1の実例

9が確定になり、ここから先はSinglesだけで最後まで行けます。

これを覚えているだけで難問が簡単に感じる場面が出てきます。

BUG+1の実例