ナンプレさくさく

シンプル チェーン

シンプルチェーン(Simple Chain)とは、「ある候補が2つに限定された行(または列かBox)が3つ連なって一本のチェーン状」になったものです。 そして、「そのチェーンの両端の交点には、その候補が配置できない」になります。

それによって「未確定が7つ以上(確定している候補は4つ程度)残っている状態」で使うテクニックで、 シンプル チェーンはX-Chainとも呼ばれています。

そしてシンプルチェーンはSingle's Chains(Simple Colors)と同等のテクニックになります。

基本編

ここではシンプルチェーンの基本となるパターンを見て行きます。

候補3に注目してみます。

SimpleChainの基本

行(または列かBox)で2つに限定されたものを洗い出します。

SimpleChainの基本

2つの候補を繋いで確認してみます。これが強リンクになります。

強リンクとは、「ある候補が行(または列,Box)で2つだけに限定されている」ものです。 強リンクは時々目にする用語ですが、つまり「どちらか」ということですね。

SimpleChainの基本

そして強リンクを3つ繋いでみます。この時同一行(または列かBox)であることです。

SimpleChainの基本

強リンクは「どちらか」です。 リモートペアの解説 と同様に、 確定した場合を想定して交互に候補を置いてみると、 シンプルチェーンの両端の交点(灰色のマス)には3が配置できません。

「偶数個で連なる一本のチェーン」がキーポイントになります。

SimpleChainの基本

実践編

ここでは候補5に注目してみます。

SimpleChainの実例

行(または列かBox)に2つに限定された5を探してみると、行2,列1,下段中央のBoxに見つかります。

SimpleChainの実例

このようにそれそれが同じ行(または列かBox)にあれば繋がります。ひとマスでも外れていれば成立しません。

SimpleChainの実例

両端(行2列7,行5列1)の交点(行5列7)にある5を消去できます。

SimpleChainの実例