ナンプレさくさく

XYZウィング

XYZウィング(XYZ-wing)とは、Yウィングを発展させたもので、 「3つの候補が3つのマスを使って三角形のように配置される」になります。 この時Boxを2つ使います。

XYZ-wing

三国同盟は「3マスとも同じ行(また列)にあります」が、XYZウィングは「3つ目のマスは3つの候補を使うマスと同じBoxにある」ことになり、直線上には無いのです。

候補はxyz,xz,yzのように3コ入るマスが1つ、2コ入るマスが2つあります。

2マスは同じ行(または列)で別Boxにあり、残りの1マスは3コ入るマスと同じBoxに存在します。

xzのマスが同じ行(または列)には無いので、 三国同盟に成り損ねたとも見て取れます。

基本編

ここではXYZウィングの基本を見て行きます。

候補1は行4列9か行6列1か行6列7(オレンジか黄色のマス)のどこかに入ります。この場合どこに入っても行6列8、行6列9の2マス(灰色のマス)に候補1が入らないことになります。

XYZ-wingの基本

XYZウィングを探す過程は、 同一行(または列)に候補数2のマスと候補数3のマスを見つけます。 候補数3のマスには候補数2のマスの候補が含まれています。

XYZ-wingの基本

3つ目のマスは候補数3のマスのBoxから探し出します。 この時候補として考えられるパターンは2種類あります。ここでは候補13か候補23です。 そして候補13の場合、3つのマスに共通する候補1は灰色のマスに入りません。

XYZ-wingの基本

そして候補23の場合、3つのマスに共通する候補2は灰色のマスに入りません。

XYZ-wingの基本

行(または列)が一致するとNGパターンです。 これは 3国同盟になります。

XYZ-wingのミスパターン

実践編

ここでは行2の候補3,4,8に注目してみます。

XYZ-wingの実例

行2列6の候補4,8と行2列9の候補3,4,8があります。

XYZ-wingの実例

3つ目のマスを候補数3のマスがあるのBoxから「候補3,4」か「候補3,8」のマスを探すことになります。 ここでは「候補3,8」があるマスが行3列9に存在します。

XYZ-wingの実例

候補8はこの3つのマスのどこに入ったとしても行2列8(灰色のマス)には置けません。 それによって、行2列8にある8を消去できます。

XYZ-wingの実例