ナンプレさくさく

X-ウィング

ここからは上級を攻略していくための必須テクニックで、エキスパートを目指す方はぜひ習得しておきたいところです。

これまでの n国同盟とは異なり、X-ウィングは4つのBoxを同時に見て行くためより複雑になります。

X-ウィング(X-wing)とは、 「ある候補が行(または列)で2つに限定され、その行(または列)が2つあり、その候補の列(または行)はそれぞれ同じで、それぞれは別Boxに存在する」という 「4つのBoxを使った長方形」になります。

X-wingの基本

そして「どちらか」の関係にあるこの2つの候補が2行あるので、完成系ではこの候補は「対角線上のマスにある」ことになります。

X-wing答えは対角線上のマスにある X-wing答えは対角線上のマスにある

X-ウィングが成立した時、その列にある候補は消去できます。 つまり最大14マス(灰色のマス)からその候補を削除できるわけです。 この点からX-wingは最強クラスのメソッドと言えます。

X-ウィングはFish系テクニックの1つです。その他のテクニックは次のとおりです。

うまくこのパターンを発見すれば複数の候補をまとめて消せる強力なテクニックです。

基本編

ここではX-ウィングの基本となる4つのパターンを見て行きます。

Boxは9x9のマスに全部で9つあるので、その中には「4つのBoxを使った長方形」は4種類存在することになります。

X-wing基本4パターン X-wing基本4パターン
X-wing基本4パターン X-wing基本4パターン

X-ウィングの見つけ方は、この4種類のどれかを探す作業と言っていいでしょう。これを残っている1~9の候補でやってみるのです。

「行で2つに限定されて列が揃っていれば、列も2つに限定される」を覚えてじっくり四角形を探します。

行で探して見つからない時は、列で探します(90度回転してもよいです)。

行でこの形を見つければ列(灰色のマス)にあるその候補(ここでは1)を一挙に消去できます。

この意味でもここが上級ステージ攻略の分岐点とも言えるかもしれません。 是非ともマスターしたいテクニックです。

実践編

ここでは6に注目してみます。

X-wing

6が行3と行8にあって、列3と列9で列が一致して、候補が4つのBoxに分かれてます。

「確定できる候補は対角線の関係」になるので「X-wing」と呼ばれているようです。(黄色のマスがXウィング)

X-wingの実例

この場合、列3と列9で他の行にある6(灰色のマス)を消去できる。

X-wingの実例

行2列3、行2列9、行7列9、行9列3の4つの6が消去できます。

X-wingの実例

つぎは6が列2と列8にあって、行2と行9で行が一致して、候補が4つのBoxに分かれています。(黄色のマスがXウィング)

X-wingの実例

行9列5(灰色のマス)の6が消去できます。

X-wingの実例