ナンプレさくさく

二国同盟(ネイキッドペア)

二国同盟(Naked Pairs)とは、ナンプレで基礎的なテクニックになるn国同盟シリーズ( 2国同盟, 3国同盟, 4国同盟)の第一弾で、 「2つのマスに限定された2つの候補があるとき、その同一の行(または列,Box)の他のマスにあるその候補は削除できる」になります。

二国同盟

ナンプレのルールは「1つのマスに1つの数字が入る」ので「2つのマスがあれば2つの数字が入る」ことになります。

つまり「どちらか」の制限された状態にあるので、その2つの数字は同じ行,列,Boxの他のマスには入りません。

このn国同盟をマスターすれば新聞や雑誌などに掲載されている多くのナンプレを解けるようになり楽しみが増します。

基本編

ここでは二国同盟の基本となるパターンを見て行きます。

中央のBoxに注目してみます。 ここに二国同盟があります。

二国同盟の基本

中央のBoxで候補を洗い出してみます。

二国同盟の基本

中央のBoxの1,2は行1列4と行1列5(黄色のマス)に限定されています。 これが二国同盟の成立です。 これにより中央のBoxの他のマスに1,2を置けません。 行2列5と行2列6(灰色のマス)の1,2は消去できます。

二国同盟の基本

そして行2列5と行2列6の5,6は二国同盟になります。 それによって左側のBoxにあたる行2列1,行2列2と行2列3(灰色のマス)に5,6は置けません。

二国同盟の基本

すでにペアになっている候補を使って、同一の行(または列,Box)のその候補を減らしていきます。 この二国同盟はナンプレで定番のテクニックです。 出現頻度が高いのでしっかりマスターしましょう。

当サイトでプレーする時に、Advanced NavigationをOnにするとペアになった候補の色分けがされて、二国同盟が見つけやすくなります。 お試しください。

実践編

二国同盟がBoxにある例

ここでは中央のBoxに注目してみます。

二国同盟の実例

中央のBoxに5と8の二国同盟(黄色のマス)があります。この2マスは5と8に限定されます。それによって中央のBoxの他のマス(灰色のマス)には5,8が置けません。

二国同盟の実例

ペアを使ってたくさんある候補をさくさく減らしていくところがナンプレの面白さの一つでもあります。