ナンプレさくさく

スカイスクレイパー

スカイスクレイパー(Skyscraper)とは、 「ある候補が行(または列)で2つに限定され、その候補の列(または行)の片側が同じで、もう片側は近い列(または行)で、それぞれは別Boxに存在する」 という「4つのBoxを使った台形」になります。

つまり、スカイスクレイパーは X-wingを変形させたもので、片側が揃っていないのです。

重要になるのは「4つのマスは台形ですがBoxは長方形」で、Boxが台形になるのはミスパターンとなります。

基本編

ここではスカイスクレイパーの基本となるパターンを見て行きます。

BoxはX-wingの4パターンを参照するということで、スカイスクレイパー特有の部分である「列(または行)が一致しない(揃っていない)片側」に注目します。

Skyscraperの基本

つまりBoxが揃っていればよいわけです。

そしてX-wingと同様に「確定できる候補は対角線の関係」にあるので、 この形を見つければ列(灰色のマス)にあるその候補(ここでは1)を最大で4マス消去できます。 X-wingに比べて見つけにくいかもしれませんね。

Skyscraperの基本

Boxが揃っていないのはNGパターンです。

Skyscraperのミスパターン

実践編

ここでは5に注目してみます。

Skyscraper

5が列3と列5にあって、行5で行が一致して、もう片側は行8と行9、候補が4つのBoxに分かれてます。

Skyscraper

Skyscraperは「超高層ビル、摩天楼」ということなので「高さの異なる2つの直線」を地面から突き出ているビルと見立てることもできます。この例では下向きですね。

「片側は近い列(または行)」というのは、ここでは一致していない行8行9になります。

Skyscraper

この場合、行8の列1と列2、行9の列6にある3つの5を消去できる。

Skyscraper